Googleマップ(MEO)対策

MEO(MapEngineOptimaization)とは・・・

Google検索において、「地域+業種・サービス」で検索したときの結果に現れる「地図」の上位に店舗などの情報を表示させるサービスです。

 

「地図」の上位に情報を表示させることで、消費者の目にとまりやすくなり、集客やお問合せの増加が見込めます。

 

昨年(2017年)より、検索エンジン(Google等)が急変化して来ており、「地域+業種」などのキーワードを入力すると、地図が検索サイトの画面上位に表示され始めました。

「集客」に結び付くキーワードで効果を発揮

インターネットの浸透、スマートフォンの広がりなどにより、店舗や事業所を探すために、まず「検索する」というお客様が増えています。そのため「検索結果」に店舗があるかどうかが、集客に大きな影響を与える時代になってきました。

 

MEOは、この検索から店舗へ誘導するための強力な技術・サービスの名称です。

具体的には「地域+業種・サービス」という購買・訪問を前提としたキーワードからお客様が誘導されるため、集客に結びつくサービスといえます。

検索エンジンの「目につく場所」に表示

MEO対策で検索エンジン評価の向上に繋がるMEOは、通常のSEO領域よりも上位を占める割合が高く、目につく場所に表示されます。

 

さらに、iPhoneやAndroidケータイなどのスマートフォンではPC以上の見やすさで表示されることが可能です。